現在のページ

当初計画(平成28(2016)年度~令和7(2025)年度)

更新日:2022年01月13日

 平成28年3月に策定した伊丹市新水道ビジョンに掲げる基本理念である「未来につなぐ 安全・安心な 伊丹の水道」の実現に向け、中長期的な経営の基本計画である「伊丹市水道事業経営戦略」を策定しました。本戦略上での主な事業ついては、以下の通りです。

重点事業

  1. 水道施設の耐震化
     計画期間内での、施設全体(千僧浄水場含む)の耐震化率100%に向けて耐震工事を実施していきます。
     また、千僧浄水場から避難所・病院までの重要路線などの管路(配水管)の耐震化についても計画的に進めていきます。
  2. 計画的な施設整備
     千僧浄水場等施設の更新を計画的に実施していきます。
     また、管路(配水管)更新については、平成28年度では、年間6,000メートル(管路更新率 約1.10%)、平成29年度からは、年間7,000メートル(管路更新率 約1.28%)の更新改良工事を実施していきます。

水道料金

 現行の料金体系・料金水準を維持し試算しています。

ただし、料金収入の減少により、次期計画期間内(令和8年度~令和17年度)には、資金不足を生じる可能性があるため、今回の計画期間内に料金改定を含めた公平で適正な料金体系や料金水準について、検討する必要があります。

この記事に関するお問い合わせ先

伊丹市上下水道局経営企画室経営企画課
〒664-0881伊丹市昆陽1-1-2(局庁舎2階)
電話番号072-783-1600 ファクス072-783-4609