汚水管の維持管理

汚水管の維持管理

 ご家庭などからでた汚水は、道路の下に埋設された公共汚水管を通じて下水処理場に流れていき、伊丹市の東部では猪名川流域下水道原田処理場、西部では武庫川下流流域下水道武庫川下流浄化センターで処理しています。

 伊丹市の汚水管は、現在約480キロメートルあり、道路の下にあるため自動車の重みや振動で傷んだり、砂や泥がたまると流れが悪くなって汚水があふれたりします。このため、上下水道局では、市民が24時間、365日安心して下水道を利用していただくために、さまざまな維持管理を行なっています。

itamiosuimap

※ 分流式とは、汚水と雨水をそれぞれの公共下水管で流す方法です。

※ 合流式とは、汚水と雨水をひとつの公共下水管で集めて流す方法です。

公共下水道管の点検・清掃

 公共下水道管には、常に汚水が流れています。汚水が正しく流れているかテレビカメラを使って管内を点検したり、汚水がスムーズに流れるよう管内にたまった土砂やごみを高圧洗浄車などを使って定期的に取り除きます。

manholecleanup

マンホール清掃(高圧洗浄)

公共下水道管の補修工事

 長年使用されることで下水道施設は老朽化が進み、修繕が必要となります。公共下水道管の補修工事やマンホールポンプ(汚水を送るためのポンプ)の修理、マンホールのふたの交換などを行っています。

osuikannkyohusetsu

汚水管布設工事

manholesetup

人孔布設工事

公共下水道管の管渠更生工事

 上下水道局では、古くなった公共汚水管を計画的に更新しております。更新工事にあたっては、道路を掘らない経済的な管更生工法を活用しています。管更生工法とは、特殊な素材を熱や光などにより硬化させ、汚水管の中に新しい汚水管をつくる工事方法です。

 管更生工法の特徴

 ・既設汚水管の内側に新しい樹脂性の膜を形成する工法です。

 ・マンホールから管材料を挿入するため、道路を掘削せずに施工することができます。

 ・既設の管とは異なり、管と管の継ぎ目がない連続した構造となっているため、

漏水や侵入水を防止できます

 

kouseikoujizu

kankouseibeforeafter

 

     工  事  前        工事実施       工  事  後

 

 

 

お問い合わせ先
伊丹市上下水道局 整備保全室 管理課 管理・水路グループ
〒664-0881 伊丹市昆陽1丁目1番地2(局庁舎1階)
電話番号072-784-8072 ファックス072-784-8044