水道事業の沿革

昭和9年3月

伊丹市水道敷設事業認可

計画人数

20,000人

日最大計画給水量

3,000立方メートル

昭和11年3月

給水開始

昭和15年11月

伊丹町、稲野村合併。市制施行(17.03平方キロメートル)

昭和22年3月

神津村を編入(21.75平方キロメートル)

昭和22年4月

北村水源地応急改良工事を着工

計画人数

20,000人

日最大計画給水量

6,000立方メートル

昭和30年4月

宝塚市一部(旧長尾村一部)編入(25.09平方キロメートル)

昭和33年5月

第1期拡張事業認可(~昭和43年3月完了)

計画人数

63,638人

日最大計画給水量

20,000立方メートル

昭和35年4月

第1期拡張事業変更

計画人数

140,000人

日最大計画給水量

46,500立方メートル

昭和40年4月

千僧浄水場完成

昭和43年3月

第2期拡張事業認可(~昭和46年3月完了)

計画人数

160,000人

日最大計画給水量

66,500立方メートル

昭和46年3月

第3期拡張事業認可(~昭和52年3月完了)

計画人数

173,100人

日最大計画給水量

90,000立方メートル

昭和48年12月

第4期拡張事業認可

計画人数

212,700人

日最大計画給水量

136,800立方メートル

平成2年5月

兵庫県水道用水供給事業(県水)受水開始

平成9年3月

琵琶湖総合開発事業完成

平成10年4月

日吉ダム供用開始

平成13年4月

高度浄水処理変更認可

計画人数

204,000人

日最大計画給水量

123,650立方メートル

平成17年11月

高度浄水処理水給水開始 

お問い合わせ先
伊丹市上下水道局 経営企画室 経営企画課
〒664-0881 伊丹市昆陽1丁目1番地2(局庁舎2階)
電話番号072-783-1600 ファックス072-783-4609