第5回(平成29年1月31日)

 今回は「伊丹市域の河川について」と題し、市環境政策室環境保全課の古結課長よりご講演いただきました。

 上下水道の大本である河川について、川と人のかかわりをスライドを交えながら詳しく説明していただきました。

 

<感想> (一部抜粋)

  • 私は天ぷら油をよく使いますが、たった100ミリリットルの油を排水口に流してしまうと、魚の住める水質にするのに浴槽(1杯300リットルとして)67杯分も必要と知り、これはもう絶対にしてはならない事ですね。
  • 市内に生活して半世紀以上になりますが、水に関することについては知らないことが多いですね。(特に今回の講演で河川から市内に取り入れている水源が多数あったこと。)
  • 武庫川と猪名川の昔話は興味深かった。小学校などでこのような昔話や川のいわれを話すと、子どもたちはより川を身近に感じられ、大事にしなければいけない気持ちが持てると思う。
  • 更に具体的に循環型社会を目指す街づくりとして廃棄物の減量化と再資源化の推進など、市民の側からの取り組みが大切。市民マナーの教育・学習の機会など、今回のモニター活動の意味も見出した次第です。
  • 川にはそれぞれの顔があり、生活用水・工業用水・農業用水・自然環境用水等、人の生活に役立っていることがよくわかりました。川は一度汚れると、元に戻すのに時間と費用がかかるので、川の重要性をもっと認識しなければいけないと思う。
  • 一級河川と二級河川の違いを明確に理解することができました。また、日常生活で私たちにできることを十分に留意し、心がけなければいけないと気づかされました。


 

お問い合わせ先
伊丹市上下水道局 経営企画室 経営企画課
〒664-0881 伊丹市昆陽1丁目1番地2(局庁舎2階)
電話番号072-783-1600 ファックス072-783-4609