こんなことにご注意を

貯水槽水道の管理はしっかりと

ビルやマンション等で、水道水をいったん受水槽に溜め、そこから皆様のご家庭に給水する給水設備を「貯水槽水道」といい、ビル(マンション等)の所有者の方にその管理責任があります。

  • 毎年一回定期的な水槽の清掃
  • 水の汚染防止措置
  • 毎年一回定期的な管理状況の検査

等、十分な管理をお願いします。

水道局職員を装った訪問業者にご注意を

各ご家庭を回っている浄水器のセールス業者の一部には、あたかも水道局から派遣されたかのような言い方をしたり、水質検査だと偽り故意に水道水を着色させ不安感を与えて浄水器を勧めるものがあります。

また、「市水道局検査員」を名乗り、その場で現金を受け取り、水道局の記載のない領収書を渡して高齢者から検査料をだまし取る事件も発生しています。

水道局職員又は水道局から委託された業者であるか、身分証明書の提示を求めてご確認ください。 あたかも水道局など公的機関から依頼されたかのように装う訪問業者には十分ご注意ください。

なお、水道局では、水質検査に適合した水道水をお送りしており、浄水器の斡旋・販売は一切行っておりません。

給水装置の鉛管にご注意を

伊丹市では現在給水装置に鉛管を使用していませんが、昭和57年以前に建てられた古い家屋などでは、給水管に鉛管が使われていることがあります。鉛管では水道水を長時間使用しないと、鉛分が水道水に溶け出していることがあります。

このため、朝一番の水や、旅行などで長時間使用していない時の使い始めの水は、トイレなど飲料用以外にお使いください。

水道局では、メーター前後の鉛管の取替工事を計画的に順次進めてまいりますので、ご協力をお願いします。

給水装置は個人の財産です、工事の際はお客様ご自身で指定業者にご依頼ください

給水装置はお客様の財産ですが、パッキン交換などの簡易な場合を除き、指定給水装置工事事業者でなければ工事をすることができません。

工事や漏水修理などに関することは、伊丹市上下水道局指定給水装置工事事業者へお申し込みください。

ただし、指定給水装置工事事業者は、給水装置工事主任技術者の登録があるか、工事を行うために 必要な機材を有するかの観点で指定することになっており、自由競争を妨げないため工事価格の指導は行いません。

工事や修理の契約はお客様の自己責任において、お客様と業者の間で行っていただくものです。

「工事は終わったが、想像以上に高い工事費用を請求された。」などのトラブルを避けるために以下の点にご注意ください。

  • あらかじめ複数業者から見積りを取る
  • 必要な工事内容かどうかをよく確かめる
  • 工事内容・費用についてよく説明を受ける
  • 工事後の修繕などのアフターサービスについて事前に確認する

また、夜間や緊急工事の場合は一般的に工事費用が高くなります。急ぎの場合以外は、応急的な措置を行った上で、余裕を持って工事を依頼してください。

水道メーターの取替

水道メーターは法律により8年を超えない時期に取り替えなければならないことになっています。水道局の委託業者が順次ご家庭を回って取替えを行いますが、水道局から派遣された業者であることの証明書を携帯していますので、ご協力をお願いします。なお、この取替えは、水道局の負担となり、各ご家庭に費用を求めることはありません。ただし、受水槽方式で給水している集合住宅については設置者の負担となります。

お問い合わせ先
伊丹市上下水道局 経営企画室 経営企画課
〒664-0881 伊丹市昆陽1丁目1番地2(局庁舎2階)
電話番号072-783-1600 ファックス072-783-4609