水害に備えて

降雨情報システム

台風や豪雨の到来をより早く知って適切な水防活動ができるよう、伊丹市は平成8年6月1日から、「降雨情報システム」を運用しています。

このシステムは、民間の気象情報会社が本市の36時間先までの降雨情報を衛星通信回路で本市に提供、30分間に10ミリ以上の雨が予想されるときは、勤務時間内・外にかかわらず、担当職員に電話連絡、職員はこの会社の気象予報士と連絡を取りながら、新たな職員動員や水防対策を行うというものです。

実際に1時間20ミリ以上の雨が降ってから職員を集めていた以前の方式に比べ、飛躍的に改善されています。

降雨情報システムの端末の写真

水防態勢

市域に水害が発生したとき、またはその恐れがあるときにとられます。地震など他の災害を含めた職員の配備態勢(動員態勢)は次のとおりです。

待機配備

動員職員数:約200人

警戒配備

動員職員数:約200人

 

  指令などの種類
(赤字は水防関係)
動員職員数
警戒配備 総括本部設置 約300人
水防本部設置 約450人
第1配備 災害対策本部設置
水防1号
約700人
第2配備 防災1号
水防2号
約1,200人
第3配備 防災2号 (全職員)約2,000人

 

お問い合わせ先
伊丹市上下水道局 経営企画室 経営企画課
〒664-0881 伊丹市昆陽1丁目1番地2(局庁舎2階)
電話番号072-783-1600 ファックス072-783-4609