放射性物質による水道水への影響について(伊丹市の水道水は安全です!)

伊丹市上下水道局が参画している淀川水質協議会(淀川の水質保全を目的とし、淀川から取水する水道事業体で構成した協議会)では、定期的に琵琶湖・淀川水系の放射性物質測定を行っています。この調査では、放射性ヨウ素(I-131)、放射性セシウム(Cs-134、137)を測定しており、検出されないことを確認しています。

結果は、下記リンクの大阪市ホームページに掲載されています。

大阪市ホームページ(水源(琵琶湖・淀川水系)の放射性物質測定結果)

 

【参考】全国の水道水中の放射性物質については、原子力規制委員会(平成23年3月18日から平成25年4月までは、文部科学省)等が行っているモニタリング調査の結果をとりまとめたものを、厚生労働省のホームぺージで公表しています。

発表されている結果では、中部地方以西の各府県の水道水における放射性ヨウ素(I-131)および放射性セシウム(Cs-134、137)は検出されておらず、当地方への影響はないものと考えられます。(平成27年度からは、放射性セシウム(Cs-134、137)のみを測定しています。)

兵庫県内の採水地点は、神戸市です。下記のリンクから、調査結果をご覧いただけます。

厚生労働省ホームページ(水道水中の放射性物質に関する検査の結果)

 

今後も、モニタリング調査結果に注視し対応してまいりますので、安心して水道水をご利用ください。

お問い合わせ先
伊丹市上下水道局整備保全室浄水課
〒664-0014伊丹市広畑6-1(千僧浄水場)
電話番号072-781-8589 ファックス072-779-6159